J LAB AMG [ANIME/MANGA/GAME]

娯楽を教養として楽しむためのレビューブログ

楽園追放(劇場版アニメ)

May 26, 2017

特集記事

See more

楽園追放(劇場版アニメ)

楽園追放(劇場版アニメ)
  • 初出:2014年
  • 作者 / 原作者:Nitroplus 東映アニメーション 
  • 監督:水島精二 
  • 制作会社:グラフィニカ 東映アニメーション 
  • 声優:三木眞一郎 神谷浩史 釘宮理恵 

記事を書いた人の評価

  • 好き  : ★★★★
  • 評価基準を表示
  • 万人受け: ★★★
  • 評価基準を表示
  • 完成度 : ★★★
  • 評価基準を表示

作品の内容

地球はナノハザードにより廃墟と化した。その後の西暦2400年、大半の人類は知能だけの電脳世界に生きていた。電脳世界に住む捜査官アンジェラは、戦闘力を誇るスーツ・アーハンを身につけ地上に初めて降り立った。そして地上調査員ディンゴと共に地上のサバイバルな世界に旅立った。われわれはどこから来たのか、われわれは何者なのか、われわれはどこへ行くのか。

配信情報

2017/05/28現在

Amazonプライムビデオ(見放題)  楽天TV(課金/見放題)  U-NEXT(課金/見放題)  ビデオマーケット(課金/見放題) 

レビュー(ネタバレなし)

この記事に続いて、レビュー(ネタバレあり)もあります。

全くノーマークでリアルタイムでは観なかった作品。

監督水島精二(ガンダムOO)、脚本虚淵玄(まどマギ)、主人公半ケツロリ女(釘宮ボイスつき)という作品。

アニメに詳しい人であれば外せない作品だったと思います。

主人公のキャラクターデザインは、明らかに「売る」ためのものと思いますが、テーマが極めて硬派かつオーソドックスなものなので、逆効果だった気がします。

こういうキャラクターデザインだと、私のような視聴者は逆に避けてしまいますからね。

フルCGアニメですが、リアル3D(『トイストーリー』とか『アナ雪』みたいなやつ)でなくセルルック3D(いわゆる普通の2Dセル画風)です。

これも「売る」ための配慮と思われますが、これは正解でしょう。

ただ、敢えて組み合わせたら演出として面白かったかなという部分はありました。(それは、ネタバレレビューにて)

ともあれ、非常にベタで硬派なコテコテのSFです。

全編にわたってただひたすら「お尻」なアニメですが、それだけではありません。

劇場版のみのオリジナル作品ですので、サクッと観れますし、超絶オススメしておきます!

Blu-ray

評価日
作品名
楽園追放
好き
41star1star1star1stargray

レビュー(ネタバレあり)

レビュー(ネタバレあり)も是非ご覧ください。

◆クリック【ネタバレを読む】クリック◆

書いた人

J LAB(ジェイラボ)所長所長
当研究所、所長。

必要最小限の勉強しかせず、微分もできないまま東大に進学するという過去を持つ。

当研究所設立の動機を尋ねたところ、

「知性には可塑性がある」
「シナプスをつなげよ」

などと意味不明な供述を繰り返しており、具体的な動機は不明。