J LAB AMG [ANIME/MANGA/GAME]

娯楽を教養として楽しむためのレビューブログ

DEVILMAN crybaby / デビルマンクライベイビー(オリジナルアニメ)

January 8, 2018

特集記事

See more

DEVILMAN crybaby / デビルマンクライベイビー(オリジナルアニメ)

DEVILMAN crybaby / デビルマンクライベイビー(オリジナルアニメ)
  • 初出:2018年
  • 作者 / 原作者:永井豪 
  • 監督:湯浅政明 
  • 制作会社:サイエンスSARU 
  • 音楽:電気グルーヴ 
  • 声優:内山昂輝 小山力也 小清水亜美 村瀬歩 潘めぐみ 田中敦子 

記事を書いた人の評価

  • 好き  : ★★★★
  • 評価基準を表示
  • 万人受け: ★★
  • 評価基準を表示
  • 完成度 : ★★★★
  • 評価基準を表示

作品の内容

泣き虫の高校生・不動明は、幼なじみの飛鳥了と再会し、 危険なパーティに誘われた。 そこで明は見る。悪魔に変わっていく人々を。 そしてまた明自身も……。

配信情報

2018/01/08現在

Netflix(見放題) 

レビュー(ネタバレなし)

この記事に続いて、レビュー(ネタバレあり)もあります。

デビルマン。

そのあまりにシンプルな響き。

これはかつて少年誌に掲載されていた漫画のタイトルである。

原点としての『デビルマン』の位置付け、価値については既にレビューを上げておりますのでそちらをご覧ください。

デビルマン(原作漫画オリジナル版)レビュー

アニメ版のデビルマンの影響か、デビルマンに対してダークヒーローのような印象を持っておられる方が多いかと思います。

しかし、それは全く違います。

とにかく、先に原典たる原作漫画を、それもできればオリジナル版で読んでいただきたい。

そのあとでもデビルマンをバットマンと同系列で語れるかどうかを問いたい。

このNETFLIX版は、原作への深い理解と愛が感じられます。

派生作品のアニメ版や、こき下ろされて地獄に落とされた実写版に対する愛さえも感じられます。

全てに怒り、全てに悲しみ、全てを赦す。

原作も愛に溢れていましたが、このNETFLIX版は原作をも超える愛に満ち溢れています。

作品の完成度としては、はっきり言いますと「残念」です。

しかし、それはオリジナルをも超えた新しい聖典(バイブル)となるには一歩足りなかったという極めて厳しい目線からの評価であり、通常の評価では良作を超えていることは保証します。

私は『デビルマン』は10話でも十分描ける作品だと思いますが、ただ、このスタンスで描くなら20話は欲しかったですね。

ほんの少しですが、監督の「あれもこれも描こう」という欲張りが出てしまった気がします。

私はデビルマンを愛していますので、感性を研ぎ澄まして鑑賞させていただきましたが、もっと気軽に鑑賞していただいても、むしろその方がシンプルに心に響くものがあるかもしれません。

これがデビルマンとの邂逅(ファーストコンタクト)であった場合、近年のアニメとは明らかに流れ方が異なる時間軸に戸惑うかもしれません。

違和感を覚えるかもしれません。

しかし、ポジティブネガティブいずれにおいても確実に心は揺さぶられると思います。

これを見て1ミリも心が動かない人がいたとしたら、あなたは本当に人間でしょうか。

もしかするとあなたの心はいつのまにかデーモンに乗っ取られているのかもしれませんよ。

あ、あとめっちゃどうでもいいことですが、田中敦子さん(草薙素子)のシレーヌ、エロいです笑

配信はもちろんNETFLIX限定なのでNETFLIXでどうぞ。

電気グルーヴが担当した主題歌『MAN HUMAN』は2バージョンあります。

電気グルーヴファンは特典DVD付きの前者を、アニメから興味を持たれた方は後者を買えば良いと思います。

MAN HUMAN Single, CD+DVD, Maxi
MAN HUMAN / 今夜だけ Single, Maxi
評価日
作品名
DEVILMAN crybaby / デビルマンクライベイビー
好き
41star1star1star1stargray

配信情報

2018/01/08現在

Netflix(見放題) 

レビュー(ネタバレあり)

レビュー(ネタバレあり)も是非ご覧ください。

◆クリック【ネタバレを読む】クリック◆

書いた人

J LAB(ジェイラボ)所長所長
当研究所、所長。

必要最小限の勉強しかせず、微分もできないまま東大に進学するという過去を持つ。

当研究所設立の動機を尋ねたところ、

「知性には可塑性がある」
「シナプスをつなげよ」

などと意味不明な供述を繰り返しており、具体的な動機は不明。