J LAB AMG [ANIME/MANGA/GAME]

娯楽を教養として楽しむためのレビューブログ

魔法使いの嫁(TVアニメ)

April 11, 2018

特集記事

See more

魔法使いの嫁(TVアニメ)

魔法使いの嫁(TVアニメ)
  • 初出:2017年
  • 作者 / 原作者:ヤマザキコレ 
  • 監督:長沼範裕 
  • 制作会社:WIT STUDIO 
  • 声優:中田譲治 内山昂輝 大原さやか 山口勝平 日野聡 村瀬歩 森川智之 浪川大輔 田村睦心 甲斐田裕子 種崎敦美 竹内良太 遠藤綾 

記事を書いた人の評価

  • 好き  : ★★
  • 評価基準を表示
  • 万人受け: ★★
  • 評価基準を表示
  • 完成度 : ★★★
  • 評価基準を表示

作品の内容

羽鳥チセは15歳の少女。彼女は帰れる場所も、生きる理由も、そのための術も、何も持ち合わせていない。ただひとつ、生まれ持った特別な力を除いて。そんなチセを弟子として、そして将来の花嫁として迎え入れたのは、異形の魔法使い・エリアス。自然と寄り添い、悠久の時を生きる魔法使いの暮しの中で、チセは大切な何かを少しずつ取り戻していく…。これは、世界の美しさを識る為の物語。

配信情報

2018/04/11現在

Amazonプライムビデオ(見放題)  Netflix(見放題)  dアニメストア(見放題)  楽天TV(課金/見放題)  U-NEXT(課金/見放題)  ビデオマーケット(課金/見放題)  Hulu(見放題) 

レビュー(ネタバレなし)

この記事に続いて、レビュー(ネタバレあり)もあります。

ブリテン諸島の伝承や伝説を散りばめた、なんだかよくわからないファンタジーです。

日本人の女の子をイングランドに住む人外の魔法使いが買い取って嫁にする、みたいなところから話が始まります。

そこに、本当の愛情が芽生えるのか、女の子は救われるのか、逆に魔法使いの方が救われるのか、そういうところに注目して観れば良いんでしょうか。

原作の漫画は、かなり売れているようですが、設定がご都合主義というか行き届いていないところがたくさんあり、賛否両論な作品となっています。

私は原作未読でアニメだけ観ましたが、後半が若干尺の都合で駆け足になったなという印象はありますが、まあこんなものかなという感じです。

原作知りませんが、印象ではアニメ化によって劇的に良くなったり悪くなったりしている感じはなさそう。

ファンタジーな世界観を受け入れるのに抵抗がない人なら、素直に楽しめると思います。

私は、あまり馴染めませんでした。

主題歌とかも、まあまあ雰囲気に合っていた気がしましたし惜しいところなんですが、、決定的なのは、チセのキャラクターデザインが個人的に好みじゃなさすぎた。

エリアスはいいかんじなんですけどね。

Blu-ray

魔法使いの嫁 第1巻
魔法使いの嫁 第2巻
魔法使いの嫁 第3巻(発売予定日は2018年5月30日)
魔法使いの嫁 第4巻(発売予定日は2018年7月25日)
評価日
作品名
魔法使いの嫁
好き
21star1stargraygraygray

レビュー(ネタバレあり)

レビュー(ネタバレあり)も是非ご覧ください。

◆クリック【ネタバレを読む】クリック◆

書いた人

J LAB(ジェイラボ)所長所長
当研究所、所長。

必要最小限の勉強しかせず、微分もできないまま東大に進学するという過去を持つ。

当研究所設立の動機を尋ねたところ、

「知性には可塑性がある」
「シナプスをつなげよ」

などと意味不明な供述を繰り返しており、具体的な動機は不明。