J LAB AMG [ANIME/MANGA/GAME]

娯楽を教養として楽しむためのレビューブログ

灰と幻想のグリムガル(TVアニメ)

April 13, 2018

特集記事

See more

灰と幻想のグリムガル(TVアニメ)

灰と幻想のグリムガル(TVアニメ)
  • 初出:2016年
  • 作者 / 原作者:十文字青 
  • 監督:中村亮介 
  • 制作会社:A-1 Pictures 
  • 声優:中田譲治 吉野裕行 安元洋貴 安済知佳 小松未可子 島崎信長 杉田智和 照井春佳 細谷佳正 能登麻美子 落合福嗣 関智一 

記事を書いた人の評価

  • 好き  : ★★★
  • 評価基準を表示
  • 万人受け: ★★★
  • 評価基準を表示
  • 完成度 : ★★★
  • 評価基準を表示

作品の内容

目が覚めると、ハルヒロは暗闇の中にいた。ここがどこなのか、なぜここにいるのか、そしてどこから来たのかもわからないまま。周りには自分と同じ境遇らしき数名の男女。彼らとともに暗闇から踏み出した先には見たことのない世界、「グリムガル」が広がっていた……。記憶も、お金も、特別な力も何もない――僕たちが手に入れた現実。

配信情報

2018/04/13現在

Amazonプライムビデオ(見放題)  Netflix(見放題)  dアニメストア(見放題)  楽天TV(課金/見放題)  ビデオマーケット(課金/見放題) 

レビュー(ネタバレなし)

この記事に続いて、レビュー(ネタバレあり)もあります。

異世界モノは、本当に粗悪な作品が多いですが、この作品は良質です。

ただ、異世界で無双する爽快感とは真逆のお話なので、ある程度内容をわかった上で鑑賞するべきでしょうね。

普通、異世界モノといえば、異世界に転生したりとばされたりした時に、特殊な能力を得たり、現代の知識を持ち込んだりして、チートレベルの活躍をするのが基本です。

仮にそうでなかったとしても、なんだかあっという間に成長して、その世界での生き方を身につけていくのが普通です。

この作品は、異世界に来たもののうまく馴染めず、戦っても弱く、そんな中での若者達の葛藤を描いていますので、確かに他の異世界アニメとは異質です。

そうは言っても、徹底したリアリズムがあるわけではなくあくまでもファンタジーですけどね。

でも、無双系の異世界アニメばかり観ている人がいるとしたら、是非観て欲しいとは思います。

ギリギリ、非アニオタにもすすめられるかな。

ストーリー自体は、たぶん原作はまだ続いていて、アニメは途中で終わってますが、別にストーリーを楽しむタイプのアニメではないので、気になりません。

少し前のアニメですが、続編の話もないようですし、アニメとしてはこれである程度表現できたということでしょうか。

いや、やっぱりテーマが地味だからあまりウケなかったんでしょうね。

残念です。
Blu-ray

Vol.1
Vol.2
Vol.3
Vol.4
Vol.5
Vol.6
評価日
作品名
灰と幻想のグリムガル
好き
31star1star1stargraygray

レビュー(ネタバレあり)

レビュー(ネタバレあり)も是非ご覧ください。

◆クリック【ネタバレを読む】クリック◆

書いた人

J LAB(ジェイラボ)所長所長
当研究所、所長。

必要最小限の勉強しかせず、微分もできないまま東大に進学するという過去を持つ。

当研究所設立の動機を尋ねたところ、

「知性には可塑性がある」
「シナプスをつなげよ」

などと意味不明な供述を繰り返しており、具体的な動機は不明。