J LAB AMG [ANIME/MANGA/GAME]

娯楽を教養として楽しむためのレビューブログ

とらドラ!(TVアニメ)

May 7, 2018

特集記事

See more

とらドラ!(TVアニメ)

とらドラ!(TVアニメ)
  • 初出:2008年
  • 作者 / 原作者:竹宮ゆゆこ 
  • 監督:長井龍雪 
  • 制作会社:J.C.STAFF 
  • 声優:喜多村英梨 堀江由衣 大原さやか 後藤沙緒里 田中理恵 甲斐田裕子 野島裕史 釘宮理恵 間島淳司 

記事を書いた人の評価

  • 好き  : ★★★★
  • 評価基準を表示
  • 万人受け: ★★★
  • 評価基準を表示
  • 完成度 : ★★★★
  • 評価基準を表示

作品の内容

生まれつきの鋭い目つきが災いして、まわりには不良だと勘違いされている不憫な高校2年生・高須竜児は、高校2年に進級した春、新しいクラスで1人の少女に出会う。彼女は、超ミニマムサイズな身長の美少女でありながら、ワガママで短気・暴れ始めたら誰にも手が付けられない通称“手乗りタイガー”と呼ばれる逢坂大河であった。そして放課後、竜児は誰もいない教室に1人残っていた“手乗りタイガー”のある一面を知ってしまう・・・。竜虎相打つ恋の共同戦線、超弩級のハイテンション学園ラブコメディーここに始まる!

配信情報

2018/05/07現在

Amazonビデオ(課金)  Netflix(見放題)  dアニメストア(見放題)  楽天TV(課金/見放題)  U-NEXT(課金/見放題)  ビデオマーケット(課金/見放題) 

レビュー(ネタバレなし)

この記事に続いて、レビュー(ネタバレあり)もあります。

ツンデレアニメ入門編。

ツンデレといえば釘宮ということで、この作品も釘宮ボイスによるツンデレが堪能できる作品となっております。

同カテゴリに分けられる作品は多数ありますが、この作品が一番わかりやすいツンデレかなと思います。

オタク用語に詳しくないおじさまおばさまのために念のためにツンデレについて説明しますと、「ツンデレは、特定の人間関係において敵対的な態度(ツンツン)と過度に好意的な態度(デレデレ)の二つの性質を持つ様子、又はそうした人物を指す」とwikipediaでは定義されています。

本当は好きなのに、その気持ちを隠すかのようについキツい態度を取ってしまう二面性に、アニメに萌える豚どもは萌えを感じるようです。

ツンがキツければキツいほど、それがデレたときのギャップの大きさ、その恥じらう様などに、豚どもは萌え死ぬようです。

釘宮さんのツンデレ作品としては、『ゼロの使い魔』『灼眼のシャナ』などが名作として誉れ高いですが、世界観がアニメ特有のものだったり、ツンデレ成分が過剰だったりして、初心者だとしんどいかもしれません。

『とらドラ!』では、しっかりツンデレしていながらも、目に余るほど過剰なツンデレはありませんので、初心者でも安心です。

「ツンデレ」って言葉よく聞くけど、何なんだろう。

そう感じておられる方は、後学のためにも、是非この作品をご覧ください。

百聞は一見にしかずです。

物語としても、安易な展開はなく、むしろ重たいというか、わりとしっかり作られてますのでおすすめです。

円盤は、BOX出てますので、どうぞ。私も買います。

とらドラ! Blu-ray BOX

評価日
作品名
とらドラ!
好き
41star1star1star1stargray

レビュー(ネタバレあり)

レビュー(ネタバレあり)も是非ご覧ください。

◆クリック【ネタバレを読む】クリック◆

書いた人

J LAB(ジェイラボ)所長所長
当研究所、所長。

必要最小限の勉強しかせず、微分もできないまま東大に進学するという過去を持つ。

当研究所設立の動機を尋ねたところ、

「知性には可塑性がある」
「シナプスをつなげよ」

などと意味不明な供述を繰り返しており、具体的な動機は不明。