J LAB AMG [ANIME/MANGA/GAME]

娯楽を教養として楽しむためのレビューブログ

幼女戦記(TVアニメ)

May 26, 2018

特集記事

See more

幼女戦記(TVアニメ)

幼女戦記(TVアニメ)
  • 初出:2017年
  • 作者 / 原作者:カルロ・ゼン 
  • 監督:上村泰 
  • 制作会社:NUT 
  • 声優:三木眞一郎 堀内賢雄 大塚芳忠 小林裕介 悠木碧 早見沙織 濱野大輝 玄田哲章 飛田展男 

記事を書いた人の評価

  • 好き  : ★★★★
  • 評価基準を表示
  • 万人受け: ★★
  • 評価基準を表示
  • 完成度 : ★★★
  • 評価基準を表示

作品の内容

統一暦1923年6月。 金髪碧眼の幼女、ターニャ・デグレチャフは帝国軍士官学校の最終課程、 部隊勤務の一環として北方軍管区ノルデン戦区の第三哨戒線で研修に励んでいた。 航空魔導師として輝かしいキャリアを踏み出すための第一歩である研修は 何事もなく無事に終わるはずだった。 しかし事態は思わぬ方向へ転がっていく。 協商連合の越境侵犯をきっかけに帝国と協商連合は戦争状態に突入。 戦時体制への移行に伴い、観測任務が割り当てられるも、 協商連合軍による奇襲が発生し、 ターニャは敵の魔導師中隊と単独で交戦しなければならない事態に陥ってしまう。 多勢に無勢で味方が到着するまで持ちこたえることなどできるわけもなく、 しかし逃げようものなら敵前逃亡で死罪は免れないという絶望的な状況。 何としても生き延び、上層部に対して最善を尽くしたとアピールするため、 ターニャはとある作戦に打って出るのだが……。 “其れは、幼女の皮をかぶった化物――。”

配信情報

2018/05/23現在

Amazonプライムビデオ(見放題)  dアニメストア(見放題)  楽天TV(課金/見放題)  ビデオマーケット(課金/見放題) 

レビュー(ネタバレなし)

この記事に続いて、レビュー(ネタバレあり)もあります。

タイトルで損をしている気がします。

これだと、なんか幼女がいっぱい出てきて幼女同士が戦うような印象を受けますが、全く違います。

むしろ、幼女なんて出てこず、演出もわりと大人向けのものが多用されています。

一応主人公の外見は幼女ですが、ネタバレレビューで触れる通り、視聴者が主人公を幼女として認識することはまずありません。

カテゴリとしては、やれやれと言わざるを得ない、いわゆる異世界転生ものになりますね。

ただ、異世界ものとしてはわりと珍しいダークヒーローものです。

また、ファンタジーではありますが、世界大戦の現実的なイメージを踏襲して描かれており、ライトなミリオタ(軍事オタク)を引き込める程度のリアリティはあります。

が、いずれにせよ「幼女」の「戦記」ではありません。

演出から受ける印象としては、『ガンダム00』に近い気がします。

ストーリーは、まあ、これぞライトノベルという作品ですが、あまりにお花畑な作品が多い中なので、これくらいダークなイメージな作品ですとそれだけで評価したくなってしまいます。

原作は、戦争の裏側を描いた、つまりおっさんどもの話が結構メインな長編らしいので、アニメ版は、たぶん意図的に一応外見が幼女であるターニャを中心として再構成されたんだと思います。

原作未読のままですが、もし2期が制作されるなら読んでみてもいいかなと思います。

劇場版の新作は制作されてるみたいですね。

ちなみに、これから鑑賞するという皆さんに、一つだけ注意しておきますと、第一話は結構意味不明ですので安心してください。

いきなり状況を切り取って一話で見せてしまってから、追い追い説明を加える感じの作りになってますので、一話はインパクト重視でよくわからないですけど、ちゃんと説明は二話以降についてきます。

一話で切らずに続けて観てください。

新しい作品なのでBOXはまだ出てません。

幼女戦記 1
幼女戦記 2
幼女戦記 3
評価日
作品名
幼女戦記
好き
41star1star1star1stargray

レビュー(ネタバレあり)

レビュー(ネタバレあり)も是非ご覧ください。

◆クリック【ネタバレを読む】クリック◆

書いた人

J LAB(ジェイラボ)所長所長
当研究所、所長。

必要最小限の勉強しかせず、微分もできないまま東大に進学するという過去を持つ。

当研究所設立の動機を尋ねたところ、

「知性には可塑性がある」
「シナプスをつなげよ」

などと意味不明な供述を繰り返しており、具体的な動機は不明。