J LAB AMG [ANIME/MANGA/GAME]

娯楽を教養として楽しむためのレビューブログ

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(TVアニメ)

May 30, 2018

特集記事

See more

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(TVアニメ)

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(TVアニメ)
  • 初出:2018年
  • 作者 / 原作者:暁佳奈 
  • 監督:石立太一 
  • 制作会社:京都アニメーション 
  • 声優:内山昂輝 子安武人 戸松遥 木内秀信 浪川大輔 田所あずさ 石川由依 茅原実里 遠藤綾 

記事を書いた人の評価

  • 好き  : ★★★★★
  • 評価基準を表示
  • 万人受け: ★★★★
  • 評価基準を表示
  • 完成度 : ★★★★★
  • 評価基準を表示

作品の内容

感情を持たない一人の少女がいた。 彼女の名は、ヴァイオレット・エヴァーガーデン。 戦火の中で、大切な人から告げられた言葉の意味を探している。 戦争が終わり、彼女が出会った仕事は誰かの想いを言葉にして届けること。 ――戦争で生き延びた、たった一人の兄弟への手紙 ――都会で働き始めた娘から故郷の両親への手紙 ――飾らないありのままの恋心をつづった手紙 ――去りゆく者から残される者への最期の手紙 手紙に込められたいくつもの想いは、ヴァイオレットの心に愛を刻んでいく。 これは、感情を持たない一人の少女が愛を知るまでの物語。

配信情報

2018/05/28現在

Netflix(見放題) 

レビュー(ネタバレなし)

この記事に続いて、レビュー(ネタバレあり)もあります。

美しい。

控えめに言って、ほぼ最高の完成度のアニメです。

私は京アニの作品はあまり好きではなかったのですが、さすがにこの作品は別格でした。

特に、作画のレベルが尋常ではないのが素人目にもわかります。

作画だけのために何度も観直したいと思えるくらい気合い入ってます。

ストーリーに対する若干の不満も、作画レベルの素晴らしさで全て打ち消されました。

キャラクターにではなく作画そのものに「萌え」を感じるレベルです。

キャラクターも、エロゲーから飛び出してきたみたいな萌えキャラとは全く異なるコンセプトのデザインで、いつまでも見ていられます。

ここではネタバレなしなので詳細は避けますが、こんなにもきれいごと全開で素晴らしい作品は、これまで観たことがありません。

派手なアクションなんてほとんどありませんし、ひねりを効かせた「なるほどすごい」という感動もありません。

ただ当たり前の「愛」についてこんなにも正面から丁寧にアニメとして映像化できるということに、本当に素直に感動しました。

10話が物語の一つの収束点になってますが、マジで何のひねりもないありふれた話なんですよね。

それで何故感動が生まれるのか。

それがこの作品の本質ですね。

強いて言うと、設定に若干ラノベ臭さみたいなものは感じましたし、世界観以外の技術的な設定はガバガバですが、まあ、許容範囲でしょう。

それよりも、演出が大人向けと言いますか、わかりやすいメリハリがなく単調なお話が続きますので、観るのに集中力を要します。

そういう意味で、多少は人を選ぶかもしれません。

でも、これまで私が観てきたアニメの中で、間違いなく五本の指には入る完成度の作品だと思います。

私は原作未読の評価ですが、どうも原作と比較して不満を持つ人もいるみたいですね。

ともあれ、まだ観てないなら、はよNetflix加入して全話一気に観てから、さっさとBlu-ray予約しろ。

ヴァイオレット・エヴァーガーデン1
ヴァイオレット・エヴァーガーデン2
ヴァイオレット・エヴァーガーデン3(発売予定日は2018年6月6日)
ヴァイオレット・エヴァーガーデン4(発売予定日は2018年7月4日)
評価日
作品名
ヴァイオレット・エヴァーガーデン
好き
51star1star1star1star1star

配信情報

2018/05/28現在

Netflix(見放題) 

レビュー(ネタバレあり)

レビュー(ネタバレあり)も是非ご覧ください。

◆クリック【ネタバレを読む】クリック◆

書いた人

J LAB(ジェイラボ)所長所長
当研究所、所長。

必要最小限の勉強しかせず、微分もできないまま東大に進学するという過去を持つ。

当研究所設立の動機を尋ねたところ、

「知性には可塑性がある」
「シナプスをつなげよ」

などと意味不明な供述を繰り返しており、具体的な動機は不明。