J LAB AMG [ANIME/MANGA/GAME]

娯楽を教養として楽しむためのレビューブログ

攻殻機動隊(原作マンガ)

April 2, 2017

特集記事

See more

攻殻機動隊(原作マンガ)

攻殻機動隊(原作マンガ)
  • 初出:1991年
  • 作者 / 原作者:士郎正宗 

記事を書いた人の評価

  • 好き  : ★★★★
  • 評価基準を表示
  • 万人受け: 
  • 評価基準を表示
  • 完成度 : ★★★★
  • 評価基準を表示

作品の内容

西暦2029年。通信ネットワークに覆われ、膨大な情報が世界を駆け巡っている超高度情報化社会。しかし国家や民族、そして犯罪は依然として存在していた。より複雑化していく犯罪に対抗すべく結成された特殊部隊……公安9課に所属するその組織の名は、『攻殻機動隊』! 1989年より「ヤングマガジン海賊版」に連載され、緻密な物語構成と卓越した画力、そして膨大な情報量で大ヒットとなった士郎正宗作品!!

配信情報

レビュー(ネタバレなし)

この記事に続いて、レビュー(ネタバレあり)もあります。

全ての「攻殻」はこの原作漫画から始まった。

原点にして原典。

とにかく情報量が多いので、覚悟して十分な時間をとってから読み始めましょう。

私は「攻殻」はほぼ完全制覇しています。

その上で言わせてもらいますが、この原作漫画の位置付けは非常に難しいです。

原作漫画こそが至上とする方々がいる一方で、アニメ、特にTVシリーズにこそ親しみを覚える方々もいます。

私はアニメから入門しましたので、漫画は後付けです。

そういう経緯もあってか、原作漫画至上主義者でばありません。

ですが、原作漫画とアニメシリーズは、かなり趣が異なるというのは理解できます。

漫画から入った人が、原作を大切にする気持ちもわかります。

そういう意味で、原作漫画は、「攻殻」を究めるのに必要な古典です。

「攻殻」好きを自負するなら、絶対に読むべき「必須科目」です。

ちなみに、コミック版は1と1.5と2がありますが、まず、とにかく1だけは読みましょう。

Kindle版(1)
コミック版(1)
Kindle版(1.5)
コミック版(1.5)
Kindle版(2)
コミック版(2)

マンガに関しては、いつもは圧倒的に電子書籍(Kindle)版をすすめるんですが、こと攻殻機動隊については、紙のコミック版をおすすめします。

とんでもない情報量なので、紙で直接読めた方が良いです。

私は、どでかいiPad Pro 12.9インチにて読んでますので、なんとかなってますが、Kindle Paperwhiteとかだと、絶対ストレス溜まります。

是非、紙のコミック版を買ってどうぞ。

評価日
作品名
攻殻機動隊
好き
51star1star1star1star1star

配信情報

レビュー(ネタバレあり)

レビュー(ネタバレあり)も是非ご覧ください。

◆クリック【ネタバレを読む】クリック◆

書いた人

J LAB(ジェイラボ)所長所長
当研究所、所長。

必要最小限の勉強しかせず、微分もできないまま東大に進学するという過去を持つ。

当研究所設立の動機を尋ねたところ、

「知性には可塑性がある」
「シナプスをつなげよ」

などと意味不明な供述を繰り返しており、具体的な動機は不明。