J LAB AMG [ANIME/MANGA/GAME]

娯楽を教養として楽しむためのレビューブログ

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(TVアニメ)

May 19, 2017

特集記事

See more

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(TVアニメ)

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(TVアニメ)
  • 初出:2011年
  • 作者 / 原作者:超平和バスターズ 
  • 監督:長井龍雪 
  • 制作会社:A-1 Pictures 
  • 声優:入野自由 戸松遥 早見沙織 櫻井孝宏 茅野愛衣 近藤孝行 

記事を書いた人の評価

  • 好き  : ★★★
  • 評価基準を表示
  • 万人受け: ★★★★
  • 評価基準を表示
  • 完成度 : ★★★
  • 評価基準を表示

作品の内容

昔は仲良しだった幼馴染たち。でも、高校生になった彼らの距離はいつの間にか離れてしまっていた。ヒキコモリぎみの主人公”じんたん”。ギャル友達に流され気味の”あなる”。進学校に通う”ゆきあつ”と”つるこ”。高校に進学せず旅を重ねる”ぽっぽ”。そして、仲良しだった小学生の頃から、それぞれが変わっていく中で変わらない少女”めんま”。あの日、”お願いを叶えて欲しい”とじんたんにお願いをするめんま。困りながらも”めんまのお願い”を探るじんたん。そのめんまの願い事がきっかけとなり、それぞれの領域でそれぞれの生活を送っていた幼馴染達は再びかつてのように集まりはじめる。

配信情報

2017/05/29現在

Amazonビデオ(課金)  Netflix(見放題)  dアニメストア(見放題)  楽天TV(課金/見放題)  ビデオマーケット(課金/見放題)  Hulu(見放題) 

レビュー(ネタバレなし)

この記事に続いて、レビュー(ネタバレあり)もあります。

通称『あの花』

制作陣は、『あのはな』とタイトルを斜め読みした略称を推していたようですが、わかりにくい笑

実は、その辺にこのアニメの問題点が現れていたりします。

ノイタミナ枠のアニメとしては、最も世間的な認知度が高い作品ではないでしょうか。

ノイタミナというのは、フジテレビの深夜アニメ放送枠の名称で、幅広い視聴者層を意識したアニメを制作しようという意図で設けられた枠らしいです。

これまでのラインナップを見ますと、確かにそういう傾向で制作されていることはわかりますが、中でもこの作品の普遍性が図抜けて高い。

私自身の話をしますと、ちょうどこの頃は仕事が忙しかった時期でもあり、このアニメをリアルタイムで視聴しませんでした。

というわけで、今さら見直し。

しかし、今さら鑑賞しても、十分評価できる作品でした。

そして、これまた今さら、少しリサーチしたところ、意外にもこの作品は好き嫌いが大きく分かれているようです。

そうか、そうですね。

私は、どんな表現でもいったんはありのままに受け入れるということを、日頃から当たり前に行なっています。

しかし、他人によって描かれた世界に素直に没入するというのは、確かによく考えますと、それなりに経験値が必要なんですね。

普通に、毎日自分の目で見ている日常と同じ感覚で鑑賞すると、違和感を覚える人もいるかもしれません。

そうですね。

あるいは、もう少し上手に張れた伏線もあったでしょう。

あるいは、「泣かせ」の狙いが露骨すぎるシーンもありました。

それでも、それを堂々とやり抜いたことを、私は高く評価したいです。

根が「偏屈なおっさん」な私にとっては、「だーいすき」な作品にはなりませんでしたが、間違いなく「観て良かった」作品です。

そうですね。

「観て欲しい」というよりは「観ておくべき

そんな気持ちで、皆さんにオススメする作品です。

人によっては号泣するかもしれません。

私は……、ナイショです笑

ちなみに主題歌も名曲揃いで、間違いなく演出に一役買っています。

オープニング曲は、元々はガリレオ・ガリレイの『青い栞(しおり)』が使用されていました。

この楽曲は、アニメの絵コンテやシナリオを読んだ上で書き下ろされたとのことで、とても雰囲気にマッチした曲です。

後に、スペシャルOA(オンエア)された時に、オープニング曲は劇場版の主題歌(ガリレオ・ガリレイの『サークルゲーム』)に差し替えられました。

こちらも、楽曲自体はとても良い曲です。

「劇場版の宣伝を兼ねて」ということだと思いますが、既に何度も視聴して馴染んだものを、あまり後からいじって欲しくないというのがファン心理ですよね。

それをやってのけるフジテレビ!(そこに痺れないし憧れない)

そして、エンディング曲は、誰でも知っている有名曲のカバー。

zoneの『secret base 〜君がくれたもの〜』を、女性声優陣(本間芽衣子(茅野愛衣)、安城鳴子(戸松遥)、鶴見知利子(早見沙織))が、『secret base 〜君がくれたもの〜(10 years after Ver.)』として歌っています。

もしエンディングが別の曲だったなら、全く別な作品になっていたと思います。

それくらい楽曲がどハマりしています。

エンディングがここまで作品の演出を担う作品も珍しい。

曲の歌詞があまりにハマりすぎていることに、監督は気恥ずかしさを感じたそうですが、幅広い層(特に「F1」と呼ばれる若い女性層)を狙ったアニメであることを考えると、やり過ぎくらいの演出で良かった。

結果的に、このエンディング曲で泣かされる人が続出したことと思います。

なお、劇場版については、ネタバレレビューの最後に触れています

なにはともあれ、まずTV版の本編をしっかり鑑賞されることをオススメします。

劇場版はそのあとでどうぞ。

主題歌

元々のOP曲『青い栞』とスペシャルOAで差し替えられたOP曲『サークルゲーム』が両方とも入ってます
ED曲『secret base 〜君がくれたもの〜(10 years after Ver.)』
TV版 Blu-ray BOX
劇場版 Blu-ray
評価日
作品名
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
好き
31star1star1stargraygray

レビュー(ネタバレあり)

レビュー(ネタバレあり)も是非ご覧ください。

◆クリック【ネタバレを読む】クリック◆

書いた人

J LAB(ジェイラボ)所長所長
当研究所、所長。

必要最小限の勉強しかせず、微分もできないまま東大に進学するという過去を持つ。

当研究所設立の動機を尋ねたところ、

「知性には可塑性がある」
「シナプスをつなげよ」

などと意味不明な供述を繰り返しており、具体的な動機は不明。