J LAB AMG [ANIME/MANGA/GAME]

娯楽を教養として楽しむためのレビューブログ

美少女/萌え

Tagged

特集記事

See more
戦場のヴァルキュリア リマスター(ゲーム)

★★★★★

いわゆる「神ゲー」です。 元々は2008年にPS3をプラットフォームとして発売されたものが、2016年にPS4でリマスター版として新たに発売されて、現在はさらにその低価格版が出ています。 この神ゲーがたった2000円程度で遊べるんで、特にR...
小林さんちのメイドラゴン(TVアニメ)

★★

不思議な作風のアニメです。 ドラゴンが訪ねてきて美少女メイドになって一緒に暮らすという、まあ無茶苦茶な話です笑 メイドラゴンというのは、「メイド+ドラゴン」ということですね。 重要なのは、主人公の小林さんを女性とすることで、性的な要素を排除...
とある科学の超電磁砲(レールガン)1期+2期(TVアニメ)

★★★

たぶん、20代の男性にとても人気のある『とある』シリーズ。 既に『禁書目録(インデックス)』のレビューを挙げておりますので、おおまかな『とある』シリーズのレビューはそちらを参照ください。 『禁書目録(インデックス)』レビュー 『禁書目録(イ...
とある魔術の禁書目録(インデックス)1期+2期(TVアニメ)

★★★

たぶん、20代の男性にとても人気のある『とある』シリーズ。 『禁書目録(インデックス)』と『超電磁砲(レールガン)』の二本柱で、それぞれ2クール2期ずつ、計8クール分ありますので全シリーズ観ようと思いますと、100話近く観る必要があり、なか...
とらドラ!(TVアニメ)

★★★★

ツンデレアニメ入門編。 ツンデレといえば釘宮ということで、この作品も釘宮ボイスによるツンデレが堪能できる作品となっております。 同カテゴリに分けられる作品は多数ありますが、この作品が一番わかりやすいツンデレかなと思います。 オタク用語に詳し...
灼眼のシャナ 全3期(TVアニメ)

★★

大量の釘宮病患者を生み出した元祖として人気が高い作品です。 ただ、大人がいまとなって見直すのは結構キツい作品でもあります。 幼女(高校生)がロリボイスでツンデレという、基本的にその部分に萌えを感じない限り、観続けるのは苦痛だと思います。 ま...
Re:ゼロから始める異世界生活(TVアニメ)

★★★

例によって異世界転移アニメではありますが、それなりに差別化が考えられている作品です。 また、一見軽い作品に見えますが、観始めると結構重たいです。 キャラクターも魅力的で、ストーリー上の仕掛けも差別化されていて、思ったより期待感を持って観続け...
この素晴らしい世界に祝福を!1期+2期(TVアニメ)

★★★

通称『このすば』 異世界アニメの中ではわりと「萌え」よりの人気作品。 それなりに個性的なキャラクター設定がなされているので、楽しめる人は楽しめると思います。 こういうのがツボな人もいると思います。 でも、まあ、先が気になって仕方なくてどんど...
オーバーロード1期+2期(TVアニメ)

★★★★

異世界モノとしては、わりと初心者向きで観やすい作品。 ソードアートオンライン風の設定ですが、異世界に生きることになった理由は説明されませんので、全然違います。 リアリティ薄めのよくある異世界モノです。 なんですが、なぜか延々観ていられます。...
Fate/stay night + stay night [Unlimited Blade Works](TVアニメ)

★★★

ビジュアルノベルと呼ばれるタイプのゲームが原作に当たる作品。 元がゲームなので、選択肢の選び方でストーリーが分岐します。 その分岐ごとに複数のアニメ作品が派生として作られています。 要は主人公がどのヒロインとの関係を深めるかという基準でルー...
ゼロの使い魔 全4期(TVアニメ)

★★★★

萌えアニメ入門編。 古き良きラブコメという感じでしょうか。 古き良きというほど古い作品ではありませんが、昭和テイストなコテコテなラブコメと言えるかと思います。 アニメとしては全部で4期分あります。 1期 ゼロの使い魔 13話 2期 ゼロの使...
織田信奈の野望(TVアニメ)

★★

異世界モノと美少女擬人化モノの合わせ技の作品です。 戦国時代と明治維新は日本人の好きな歴史のツートップかなと思いますので、時代設定に関しては興味を持って観れるはずです。 ただ、織田信長が信奈という美少女に変化し、その他の武将もことごとく美少...
異世界はスマートフォンとともに。(TVアニメ)
怖いもの見たさで鑑賞したんですが、ホンモノでした。 一般人は、絶対に観てはいけません。 批評、批判をするようなものではないです。 中二というより小四くらいのレベルです。 いや、私が侵して良い領域ではありませんでした。 ネタとして鑑賞する余裕...